ASPET/71光学的文字読取装置(読み)ASPET71こうがくてきもじよみとりそうち

事典 日本の地域遺産の解説

ASPET/71光学的文字読取装置

(茨城県つくば市天久保4-1-1 国立科学博物館理工資料庫)
情報処理技術遺産」指定の地域遺産。
新しいパターン認識理論にもとづき、電気試験所(現・産業技術総合研究所)と東芝が共同で開発した高性能ページ式文字読取装置(OCR)。1971(昭和46)年完成

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android