コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AT 火山灰 えーてぃーかざんばい

世界大百科事典内のAT 火山灰の言及

【火砕流】より

…現在その一部がシラス台地として残存している。この噴火の際上空に噴き上げられた細粒の火山灰は1000km以上離れた地域にまで降下した(AT火山灰)。この噴火の結果鹿児島湾北部は陥没して,直径20kmの姶良(あいら)カルデラを生じた。…

※「AT 火山灰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

AT 火山灰の関連キーワードポンペイ、エルコラーノ及びトッレユウタキシティック組織姶良・丹沢火山灰クラカトア火山ピナツボ火山クラカタウ島テフラ年代学アイスランド凝灰角礫岩火山砕屑流ツカツクリ赤道ギニアルーマニアPM2.5グアテマラ輝緑凝灰岩コロイド年代測定気象衛星スレート

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android