コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AT 火山灰 えーてぃーかざんばい

世界大百科事典内のAT 火山灰の言及

【火砕流】より

…現在その一部がシラス台地として残存している。この噴火の際上空に噴き上げられた細粒の火山灰は1000km以上離れた地域にまで降下した(AT火山灰)。この噴火の結果鹿児島湾北部は陥没して,直径20kmの姶良(あいら)カルデラを生じた。…

※「AT 火山灰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

AT 火山灰の関連キーワードポンペイ、エルコラーノ及びトッレユウタキシティック組織姶良・丹沢火山灰クラカトア火山クラカタウ島ピナツボ火山アイスランドテフラ年代学PM2.5輝緑凝灰岩赤道ギニアルーマニアグアテマラ火山砕屑流ツカツクリ凝灰角礫岩表層崩壊コロイド気象衛星年代測定

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android