コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AX規格

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

AX規格

87年にマイクロソフトが提唱した、PC/AT互換機ベースの日本向けPCアーキテクチャー仕様。当時すでに、世界的にハードウェアのデファクトスタンダードになっていたPC/AT互換機仕様を日本でも普及させる狙いがあった。実際の仕様策定には、シャープや三菱電機などの国内メーカー各社が参加したが、参加各社としては、独自アーキテクチャーで圧倒的なシェアを誇るNECへの対抗として結集したという背景がある。AX規格では、日本語を表示するための拡張グラフィックスカード(規格化当初はEGAが主流だったため、AXでもEGAを拡張したJEGAが規定された)と日本語入力用のAXキーボードを規定し、基本的には、こうした最小限のハードウェア追加だけで、AX用MS-DOSをPC/AT互換機上で実行できるようになっていた。業界団体としてAX協議会が設立され、AX規格のPCも一定のシェアを占めるまでになったが、NECの牙城を切り崩すことはできなかった。その後、DOS/Vの登場やWindowsへの移行によって、AXの存在意義はしだいに薄れていくことになった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android