Abas

世界大百科事典内のAbasの言及

【トカゲ(蜥蜴)】より

…また別の俗信によれば,トカゲは耳から受精し口から卵を産むといわれ,処女懐胎の寓意として聖母マリアの持物にもなった。ギリシア神話では,ペルセフォネを探し歩くデメテルが渇きをいやすためにブドウ酒を勢いよく飲んだ際,これを嘲笑(ちようしよう)した男アバスAbasをトカゲに変えたという。この話から,目上の者を敬わぬ悪徳を体現した動物とみなされている。…

※「Abas」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android