コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Alboino Alboino

世界大百科事典内のAlboinoの言及

【ランゴバルド王国】より

…紀元前1世紀の末以来エルベ川下流域に移住していたランゴバルド族が南下を開始するのは5世紀初期のことで,長期にわたる放浪の過程で他部族や他民族の残留者を加えながら6世紀初期にパンノニアに入って,その地に半遊牧の騎馬部族国家を建てた。552年彼らの一隊がビザンティン帝国の同盟軍(フォエドゥス)としてナルセスに協力して北イタリアのポー平原に姿を見せたのち,アルボイノAlboino王(在位561‐572)は,アバール人の到来によって生存を脅やかされたのを機会に,568年ゲピード人やブルガール族やサルマート人の残存者,さらにほかのゲルマン諸族の一部を加えた〈ランゴバルド人の全軍を率いて〉フリウリの国境警備線(リメス)を突破,翌569年にポー平原とミラノを占領した。続いて彼はビザンティン帝国領の要衝パビアを3年かけて攻略する。…

※「Alboino」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Alboinoの関連キーワードベローナ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android