アルカサル(英語表記)Alcázar

翻訳|Alcazar

デジタル大辞泉の解説

アルカサル(Alcázar)

《スペイン語で王宮・王城の意。元は宮殿・城砦(じょうさい)・要塞を意味するアラビア語に由来》
Alcázar de Sevilla》スペイン南西部、アンダルシア州の都市セビリアにある宮殿。14世紀にカスティーリャ王ペドロ1世がイスラム教徒支配時代の要塞兼居城を改築。ムデハル様式を主として、ゴシック、ルネサンス様式が混在する。1987年、「セビリアの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
Alcázar de Córdoba》スペイン南部、アンダルシア州の都市コルドバにある城。14世紀、カスティーリャ王アルフォンソ11世がイスラム支配時代の要塞跡に建造。カトリック両王の時代は異端尋問を行う宗教裁判所として使われた。旧市街に残るメスキータカラオーラの塔とともに、1984年「コルドバ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
Alcázar de Toledo》スペイン中央部、カスティーリャ‐ラ‐マンチャ州の都市トレドにある城。11世紀にカスティーリャ‐レオン王アルフォンソ6世が同地をイスラム教徒から奪還し、古代ローマ時代の宮殿があった場所に要塞として建造。現在は軍事博物館になっている。1986年、「古都トレド」の名称で旧市街全域が世界遺産(文化遺産)に登録された。
Alcázar de Segovia》スペイン、カスティーリャ‐レオン州の都市セゴビアにある城。11世紀にカスティーリャ‐レオン王アルフォンソ6世により建造。19世紀の火災で被害を受け、20世紀になり現在見られる姿に修復された。ディズニー映画「白雪姫」の城のモデルになったことで知られる。古代ローマ時代の水道橋やセゴビア大聖堂などの歴史的建造物とともに、1985年「セゴビア旧市街とローマ水道橋」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

アルカサルの関連情報