コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Alocasia macrorrhiza Alocasiamacrorrhiza

世界大百科事典内のAlocasia macrorrhizaの言及

【アロカシア】より

…【高林 成年】。。…

【タロイモ】より

…日本を含めた東アジア温帯系のサトイモの品種群は三倍体で,子いもを利用するものが多いが,東南アジアからポリネシアにかけては,基本的に二倍体で親いも利用型の品種群(イラスト)が主体となっており,なかには長いストロンを伸ばし,地下のいもは小さく,地上部の葉柄や葉身を野菜として利用するのが主たる目的になっている品種もある。クワズイモ類では,インドクワズイモAlocasia macrorrhiza Schott(英名giant taro)がトンガやサモアで主食用に栽植される。この種はかつては広く食用にされていたが,現在は逃げ出して野生になったものが,東南アジアからポリネシアまで広く見られる。…

※「Alocasia macrorrhiza」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Alocasia macrorrhizaの関連キーワードアロカシアアロカシア食わず芋不喰芋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android