コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Alocasia macrorrhiza Alocasiamacrorrhiza

世界大百科事典内のAlocasia macrorrhizaの言及

【アロカシア】より

…【高林 成年】。。…

【タロイモ】より

…日本を含めた東アジア温帯系のサトイモの品種群は三倍体で,子いもを利用するものが多いが,東南アジアからポリネシアにかけては,基本的に二倍体で親いも利用型の品種群(イラスト)が主体となっており,なかには長いストロンを伸ばし,地下のいもは小さく,地上部の葉柄や葉身を野菜として利用するのが主たる目的になっている品種もある。クワズイモ類では,インドクワズイモAlocasia macrorrhiza Schott(英名giant taro)がトンガやサモアで主食用に栽植される。この種はかつては広く食用にされていたが,現在は逃げ出して野生になったものが,東南アジアからポリネシアまで広く見られる。…

※「Alocasia macrorrhiza」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone