コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Amalasuntha Amalasuntha

世界大百科事典内のAmalasunthaの言及

【テオダハド】より

…トスカナに大所領を得て,古典文化に傾倒していた。534年10月のアタラリック王Athalarich(在位526‐534)の死後,王母アマラスンタAmalasunthaはいとこテオダハドを王と宣して共同統治を図ったが,テオダハドは彼女を監禁・処刑(535),東ローマ皇帝ユスティニアヌスはこの件を口実にゴート戦争を開始した。テオダハドはシチリア譲渡や貢納金・兵員の拠出を,次いで東ローマ領内での身分相応の生活保障を条件に退位を約したが,ダルマティアでの戦況好転で翻意した。…

【東ゴート王国】より

…大王は526年に他界した。後継者は幼王アタラリックであったが,実際には大王の娘アマラスンタAmalasuntha(?‐535)が摂政として統治した。 一方この時期ビザンティン帝国が旧ローマ領土奪回の動きを見せはじめる。…

※「Amalasuntha」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Amalasunthaの関連キーワードテオダハド

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android