Amanita

翻訳|amanita

世界大百科事典内のAmanitaの言及

【テングタケ】より

…担子菌類ハラタケ目テングタケ科の毒キノコ(イラスト)。高さ10~25cm,かさの直径も10~25cmになり大型。かさははじめ半球状,のち平らに開き,表面は灰褐色~暗褐色,周辺には放射状のみぞ線があり,全面に白色のかさぶた状のいぼをのせる。ひだは白,茎に離生し,茎は円柱状でじょうぶ,白色で上から3分の1ほどのところに膜質のつばがある。茎の根もとはふくらみ,つぼの破片が環状にならんで残る。胞子は広楕円形,10~12μm×7~9μm。…

※「Amanita」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android