コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ando soil Andosoil

世界大百科事典内のAndo soilの言及

【黒ボク土】より

…日本の黒ボク土の面積は約550万haで国土の約15%を占め,また畑地・樹園地合計220万haのうち半分が黒ボク土である。諸外国ではアンドソイルAndo soilとかアンドソルAndosolなどとよばれるが,〈アンド〉は日本語の暗い土を意味する〈暗土〉に語源をもつ。アンドソルの地球陸地に占める比率は0.8%弱で,それに比べると火山国である日本は黒ボク土の占める比率がひじょうに高い。…

※「Ando soil」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Ando soilの関連キーワード熱帯黒色土壌安藤忠雄自発性ボーキサイトラトゾル乾性土壌グライ土沼沢土土壌断面モリソル土壌型

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android