コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Andrussow process Andrussowprocess

世界大百科事典内のAndrussow processの言及

【アンモ酸化】より

…触媒や反応操作の改善,工夫によってアクリロニトリルの生成選択性はしだいに向上し,現在はアクリロニトリル1kgあたりアセトニトリル0.025kg,シアン化水素0.05kgを副生するにすぎない。 メタンのアンモ酸化によるシアン化水素合成はアンドルソフ法Andrussow processとも呼ばれる。触媒としては白金または白金‐ロジウム合金が用いられ,800~1000℃の高温下で反応を行う。…

※「Andrussow process」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Andrussow processの関連キーワードピッテンジャー精密鋳造矢野麻美フローチャートコッブベールズ罪刑法定主義アウトソーシング対人地雷全面禁止条約クラスター爆弾禁止条約

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android