Archaeocyatha

世界大百科事典内のArchaeocyathaの言及

【アルカエオキアツス】より

…古生代のカンブリア紀前期から中期初頭にのみ知られる特異な海生の着生動物である。分類上これまで種々異なる部類に扱われてきていたが,最近は海綿動物門に近い位置をしめる独立した動物門Archaeocyathaとされ,動物界の中で絶滅した唯一の門と考えられている。軟体部は化石として保存されないため,未解決の問題が少なくない。…

※「Archaeocyatha」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android