Arnuwanda II(英語表記)ArnuwandaII

世界大百科事典内のArnuwanda IIの言及

【ヒッタイト】より

…スッピルリウマ1世の外交政策と外征で,新王国の版図は,北はポントス,南はレバノン,西はアナトリア西部に至る広大なものとなった。 スッピルリウマ1世の後を継いだアルヌワンダ2世Arnuwanda IIは,即位後まもなく疫病に倒れ,末子のムルシリ2世(在位,前1339ころ‐前1306ころ)が王位に就いた。同王は,父,兄の相次ぐ死去で各地に起こった反乱の鎮圧に努めるとともに,古王国以来の宿敵であった西方のアルザワ国を2年間にわたって攻撃,これを屈服させた。…

※「Arnuwanda II」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android