コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B型、C型肝炎

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

B型、C型肝炎

肝炎ウイルスの感染によって肝細胞が破壊される病気。感染ルートとしては、汚染された血液製剤の使用や注射の回し打ち、入れ墨などによる血液感染、母子感染、性感染などが知られている。B型、C型ともに放っておくと、慢性化して肝硬変肝がんに進む恐れがある。C型は40歳ごろから悪化しやすく、70歳まで放置すると3〜4割の人が肝硬変や肝がんに進行する、との報告もある。

(2006-10-05 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

B型、C型肝炎の関連キーワードエンベロープ人間ドック郵送検査

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B型、C型肝炎の関連情報