コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B型・C型肝炎

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

B型・C型肝炎

ウイルスが原因で血液を介して感染する。発症まで数十年の潜伏期間があり、肝硬変や肝臓がんに進行する確率が高い。集団予防接種による注射器の使い回しや輸血による感染のほか、B型肝炎は母子感染、C型肝炎は止血用の血液製剤「フィブリノゲン」の投与による感染も多い。C型肝炎は体内のウイルスを駆除するインターフェロンで完治も望めるようになったが、B型肝炎は慢性化すると完全にウイルスを取り除くのは難しい。感染から長期間たつが症状が出ていない持続感染者も多数おり、救済策をめぐって国と患者・支援団体との間で協議が続けられている。

(2011-06-19 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

B型・C型肝炎の関連キーワードエンベロープ人間ドック郵送検査

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B型・C型肝炎の関連情報