コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B型肝炎訴訟と基本合意

1件 の用語解説(B型肝炎訴訟と基本合意の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

B型肝炎訴訟と基本合意

国が予防接種を義務づけた1948年から40年間、注射器の使い回しで、B型肝炎ウイルスの感染が広がった。国の責任を認めた2006年の最高裁判決を受け、08年から全国の患者らが一斉に提訴。11年6月、当時の菅政権と原告側が和解に向けた基本合意を結んだ。1948年7月~88年1月に6歳以下だったなど、一定の条件を満たす患者らに3600万~50万円の和解金を支払う。救済を受けるには裁判所に訴えを起こし、予防接種を受けたことや母子感染ではないことなどの証拠を示す必要がある。広島、山口、岡山、香川、愛媛、高知各県の患者らを支援する広島弁護団によると、これまで990人が広島地裁に提訴し、うち359人が和解した。

(2013-06-29 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

B型肝炎訴訟と基本合意の関連キーワード予防接種(ワクチン)義務づけ訴訟イエローカード予防接種法MMRワクチン接種痕障害者の法定雇用率九州予防接種禍訴訟優先接種対象者予防接種健康被害者救済制度

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone