コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B型肝炎集団訴訟

1件 の用語解説(B型肝炎集団訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

B型肝炎集団訴訟

1948~88年に国が市町村にさせた乳幼児への集団予防接種で注射器が使い回され、多くの人がB型肝炎ウイルスに感染した。2008年から、感染した人が札幌や新潟など全国10地裁で国に損害賠償を求めて提訴。今年6月、札幌地裁が示した和解案を全国原告団と国の双方が受け入れ、各地裁で和解が進む。和解金は症状によって50万~3600万円と差がある。

(2011-12-23 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

B型肝炎集団訴訟の関連キーワード市町村税市町村長市町村議会市町村組合市町村条例副市町村長愛知万博1市町村1国フレンドシップ事業容器包装リサイクル法の主な改正点ダム納付金市町村負担金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

B型肝炎集団訴訟の関連情報