コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B-to-C marketing ビー・トゥ・シー・マーケティング Business-to-Consumer marketing

1件 の用語解説(B-to-C marketingの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

ビー・トゥ・シー・マーケティング【B-to-C marketing Business-to-Consumer marketing】

一般家庭の個人消費者を直接販売対象として企業が行うマーケティング活動のことをビー・トゥ・シーという。最近「B2C」と記述されることが多くなった。B2Cは、例えば、個人にパソコンを販売するなど。通信販売など殆どB−to−Cマーケティングである。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

B-to-C marketingの関連キーワードプル戦略ダイレクト・レスポンス・マーケティング貸金業一般消費税直販売主個人消費消費者信頼感指数直接販売B-to-B marketing

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone