コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BIOSバックアップバッテリー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BIOSバックアップバッテリー

BIOSセットアップの設定情報を記録するメモリー(CMOS RAM)の内容を保持し続けるためのバッテリー(電池)。CMOS RAMと呼ばれるこのメモリーには、電力の供給を止めると記録内容が失われてしまうメモリーデバイスを用いるのが一般的である。したがって、その内容を保持し続けるためには、長時間持続するバッテリーを接続し、PCの電源のオン/オフに関係なく、メモリーに電力を供給する必要がある。CMOS RAMのバックアップに使われるバッテリーとしては、以前はNiCdバッテリー(ニッカド電池)がよく使われていた。しかし、最近はリチウムイオンバッテリーであることが多い。一般的に、このバッテリーの寿命は3年~5年とされる。バッテリーが消耗すると、CMOS RAMの内容を保持できなくなり、PCの電源をオンにするたびにBIOSセットアップの設定が初期化されてしまうので、注意が必要である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

BIOSバックアップバッテリーの関連キーワードAMI BIOSBIOSアップグレード拡張BIOSBIOSセットアップメモリーマネージャー32GBの壁INT 13HBIOSブートROMCHS translation

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android