コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BOJ(Bank of Japan)

外国為替用語集の解説

BOJ(Bank of Japan)

日本銀行。1882(明治15)年、日本銀行条例に基づいて創設された日本の中央銀行。日本銀行には、発券銀行、銀行の銀行、政府の銀行という3つの機能がある。紙幣を発行できる唯一の銀行として、日本銀行券の発行、汚れ・傷みのひどい紙幣の回収、紙幣の真偽のチェックなどを行う。民間銀行の預金(当座預金)を預かり、預金・貸付の取引や債券・手形の売買などを行う。民間銀行が日本銀行に「預け金口座」を持っていることから、日本銀行は「銀行の銀行」と呼ばれる。政府の預金(当座預金)を預かり、国庫金の出納事務、国債に関する事務、外国為替に関する事務を行う。そのため「政府の銀行」と呼ばれる。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

BOJ(Bank of Japan)の関連キーワード日本銀行金融研究所 貨幣博物館ボヤン ズルフィカルパシッチミスター・ボージャングルクルキック ボージャン国際収支発展段階説ボー スコウフスマザー・テレサポインシアーナタップ・ダンスツンベルギア角閃石斑糲岩ファグンワコーク石十六大国シャルダ酢海鞘テレサ黒海鞘毬海鞘

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android