コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BPO放送倫理検証委員会

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

BPO放送倫理検証委員会

放送局への調査権を持ち、放送倫理の問題について「審議」して「意見」をまとめる。虚偽の疑いがある番組は「審理」扱いとし、「見解」や、放送局に内容の順守を求める「勧告」を出す。審理入りしたのは今回が2件目。1件目は期限切れチョコレートの再利用に絡むTBSの報道で、見解を示した。委員は弁護士や大学教授ら10人。放送による人権侵害を扱う放送人権委員会(97年設置)、青少年向け番組を扱う青少年委員会(00年設置)に続き、07年に設けられた。関西テレビの情報番組「発栗あるある大事典2」の捏造(ねつぞう)問題が直接のきっかけだった。

(2009-07-31 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

BPO放送倫理検証委員会の関連情報