コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BSD on Windows

1件 の用語解説(BSD on Windowsの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BSD on Windows

Microsoft Windows Ver.3.1/Windows 95上に、BSD UNIXキャラクタ端末環境を実現するWindowsエクステンダ(ソフトウェア)。一般に「BOW(バウ)」と略して呼ばれることが多い。太田博志氏によって開発され、Windows 3.1に対応したVer.1.0が1995年3月に、Windows 95に対応したVer.1.5が1996年5月に、それぞれアスキー出版局からリリースされた。もともとGNU Emacs(およびNemacsMule)をWindows上で完全に動作させることを目標に開発されたが、gccを始めとする開発ツールや、awk、perlなどのフィルター系言語など、多くのプログラムについて、x86版のBSD UNIXバイナリ(a.out形式などをサポート)をそのまま実行できる。Ver.1.5では、Windows 95のLongFilename FATに対応したほか、シンボリックリンク(BOWによるエミュレーション)もサポートされた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BSD on Windowsの関連キーワード109キーボードウィンドウズMicrosoft最小化コードネームVEVA/VEネトケ=レーベラヴィーナ:ある夢、メロディ・ノクターン/piano solo

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone