コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BSD on Windows

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BSD on Windows

Microsoft Windows Ver.3.1/Windows 95上に、BSD UNIXのキャラクタ端末環境を実現するWindowsエクステンダ(ソフトウェア)。一般に「BOW(バウ)」と略して呼ばれることが多い。太田博志氏によって開発され、Windows 3.1に対応したVer.1.0が1995年3月に、Windows 95に対応したVer.1.5が1996年5月に、それぞれアスキー出版局からリリースされた。もともとGNU Emacs(およびNemacs、Mule)をWindows上で完全に動作させることを目標に開発されたが、gccを始めとする開発ツールや、awk、perlなどのフィルター系言語など、多くのプログラムについて、x86版のBSD UNIXバイナリ(a.out形式などをサポート)をそのまま実行できる。Ver.1.5では、Windows 95のLongFilename FATに対応したほか、シンボリックリンク(BOWによるエミュレーション)もサポートされた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

BSD on Windowsの関連キーワードWindows XPWindowsマイクロソフトWindows Phone 7Windows MeWindows 8.1WindowsWindows 8Windows 7Windows NT

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android