コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BSD on Windows

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BSD on Windows

Microsoft Windows Ver.3.1/Windows 95上に、BSD UNIXのキャラクタ端末環境を実現するWindowsエクステンダ(ソフトウェア)。一般に「BOW(バウ)」と略して呼ばれることが多い。太田博志氏によって開発され、Windows 3.1に対応したVer.1.0が1995年3月に、Windows 95に対応したVer.1.5が1996年5月に、それぞれアスキー出版局からリリースされた。もともとGNU Emacs(およびNemacs、Mule)をWindows上で完全に動作させることを目標に開発されたが、gccを始めとする開発ツールや、awk、perlなどのフィルター系言語など、多くのプログラムについて、x86版のBSD UNIXバイナリ(a.out形式などをサポート)をそのまま実行できる。Ver.1.5では、Windows 95のLongFilename FATに対応したほか、シンボリックリンク(BOWによるエミュレーション)もサポートされた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報