コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BSEの全頭検査

1件 の用語解説(BSEの全頭検査の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

BSEの全頭検査

2001年に国内で初めてBSEに感染した牛が見つかったことを受けて、食肉になる牛のすべての検査が始まり、費用は国が全額補助した。国は05年に検査対象を月齢(生後)21カ月以上の牛に絞り、08年から対象外の検査への補助を打ち切ったが、全国の自治体は自主的に全頭検査を続けていた。国は今年4月に対象を月齢30カ月超に引き上げ、7月には48カ月超に引き上げる予定。県内では現在、県長岡食肉衛生検査センター(長岡市)と、新潟市食肉衛生検査所(新潟市西区)の2カ所で検査している。

(2013-05-29 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

BSEの全頭検査の関連キーワードBSEBSE検査肉牛米国産牛肉輸入問題特定危険部位特定危険部位肉骨粉アトリエ・ワン輸入食品の安全性変異型クロイツフェルト・ヤコブ病

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

BSEの全頭検査の関連情報