コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Balduinus I BalduinusI

世界大百科事典内のBalduinus Iの言及

【ラテン帝国】より

…同協定の定める皇帝選考委員会(ベネチア側,騎士側それぞれ6名から成る)は,自ら従軍したベネチア総督ダンドロEnrico Dandoloの筋書どおり,十字軍指導者のモンフェルラート辺境伯ボニファチオBonifacioをさしおいて,フランドル伯ボードアンBeaudouinを選び,後者は,皇帝を出さなかったベネチア側から選ばれたコンスタンティノープル・ラテン総主教モロシニTomaso Morosini(ベネチア貴族出の修道士)により,アヤ・ソフィア教会でボードアン1世(在位1204‐05。バルドゥイヌス1世Balduinus I)として戴冠された(1204年5月)。彼は〈皇帝にしてローマ人(旧ビザンティン帝国領の住民)の支配者〉と称し,西方から随行したその家臣との関係では,〈フランドル・エノー伯〉を付加した。…

※「Balduinus I」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android