コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Balduinus I BalduinusI

世界大百科事典内のBalduinus Iの言及

【ラテン帝国】より

…同協定の定める皇帝選考委員会(ベネチア側,騎士側それぞれ6名から成る)は,自ら従軍したベネチア総督ダンドロEnrico Dandoloの筋書どおり,十字軍指導者のモンフェルラート辺境伯ボニファチオBonifacioをさしおいて,フランドル伯ボードアンBeaudouinを選び,後者は,皇帝を出さなかったベネチア側から選ばれたコンスタンティノープル・ラテン総主教モロシニTomaso Morosini(ベネチア貴族出の修道士)により,アヤ・ソフィア教会でボードアン1世(在位1204‐05。バルドゥイヌス1世Balduinus I)として戴冠された(1204年5月)。彼は〈皇帝にしてローマ人(旧ビザンティン帝国領の住民)の支配者〉と称し,西方から随行したその家臣との関係では,〈フランドル・エノー伯〉を付加した。…

※「Balduinus I」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone