コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BalzE. ベルツ エドワルド

江戸・東京人物辞典の解説

BalzE.

1849〜1913(嘉永2年〜大正2年)【医師】日本にドイツ最高水準の医学知識をもたらした。 温泉を研究し、草津を世界に紹介。明治期のドイツ人御雇外国人医師。チュービンゲン大学ライプチヒ大学で医学を修める。1876年(明治9)東京医学校(のちの東京大学医学部)の教師として日本政府に招かれた。おもに生理学と薬学を教えた後、1890年から明治天皇と大正天皇の侍医を勤めた。1905年ハナ婦人と帰国。またつつがむし病や脚気などを研究したほか、温泉・海水浴の効用を説き、ベルツ水は広く愛された。在日中の事情を書いた日記「ベルツの日記」は歴史秘話を伝えて意義深い。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

BalzE.の関連キーワード牧野省三ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ベルツ日本の医学史(年表)光の科学史三月革命リストクールベリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)カフカ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android