コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Berzsenyi D. BerzsenyiD

世界大百科事典内のBerzsenyi D.の言及

【ハンガリー】より

…17世紀後半オスマン帝国が追放されるや,強まったハプスブルク家の統治に対してラーコーツィ・フェレンツの解放戦争が起こったが,その敗北後は,ハプスブルク家が懐柔的なドイツ化政策をとり,国民文学は一時衰退した。これに続く啓蒙期には,《オルフェウス》などの文芸誌が刊行され,劇作家のベッシェニェイBessenyei György(1747‐1811),詩人のベルジェニBerzsenyi Dániel(1776‐1836),作家のドゥゴニチDugonics András(1740‐1818)らが国民文学再興の先駆的役割を担った。またカジンツィは言語改新運動を推進し,以後の国民文学の発展に大きく貢献した。…

※「Berzsenyi D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android