コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bhas42細胞

1件 の用語解説(Bhas42細胞の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

Bhas42細胞

マウスの胎児から採取された細胞株に、活性型のがん遺伝子が組み込まれたもの。発がんの初期段階(DNAの配列乱れ)と同じ性質で、秦野市にある厚生労働省所管の特例民法法人財団法人食品薬品安全センターで90年に生み出された。同様の形質転換の試験法研究が目的だったが、実用化には至っていなかった。

(2009-04-14 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Bhas42細胞の関連キーワードレーザーマウスヌードマウス蛹油パラゴムキメラマウス園田・田島コレクション細胞マウスツウマウス法胚幹細胞ハーゼの法則胎児性水俣病

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone