コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bibān al-Mulūk BibanalMuluk

世界大百科事典内のBibān al-Mulūkの言及

【王家の谷】より

…上エジプトの古代都市テーベのナイル川西岸にある新王国時代の王墓地。現地名はビバーン・アルムルークBibān al‐Mulūk。リビア砂漠のはずれ,ディール・アルバフリーの断崖のすぐ背後の北へ開くワーディー(涸れ谷)の奥にあり,第18王朝第3代トトメス1世から第20王朝最後の王ラメス11世まで,アマルナに王墓を造営したイクナートンを除き,すべての王墓が造営された。…

※「Bibān al-Mulūk」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Bibān al-Mulūkの関連キーワード王家の谷ドゥシャン カーライマイ ミトゥーリチスヴェトラン ユナコビッチクメール文字タバリーデータフローコンピュータームーラオ族(仫佬族)タバリーマクリージー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android