コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BigotG. ビゴー ジョルジュ

1件 の用語解説(BigotG.の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

BigotG.

1860〜1927(万延元年〜昭和2年)【風刺漫画家】今も残る明治日本のスケッチは貴重。 日本を愛した、フランス人風刺画家。明治期のフランス人風刺漫画家。パリ生れ。パリの美術学校を中退、ジャーナリズムで画の仕事をうけるうち、ジャポニスム運動により日本美術魅せられる。1882年(明治15)に来日、陸軍士官学校の画学教師を2年勤める。中江兆民と出会い、雑誌「トバエ」などを創刊、日本人の日常を風刺的にスケッチした。日本女性と結婚するが、治外法権撤廃が決定すると、やむなく1899年に離婚して日本を離れた。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BigotG.の関連キーワード桂有彰栗本翠庵新大判新小判万延お栄工藤貞次小山善松田南溟山名義路

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone