Blu-ray Disc(読み)ブルーレイ ディスク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Blu-ray Disc

ソニーやパナソニックなどによって規格化された大容量光ディスク。波長405ナノメートルの青紫色レーザーを利用して、片側1面で最大27GBのデータの記録が可能。DVDに代わる映像コンテンツの配布・録画メディア、デジタルデータを保存するメディアとして普及しつつある。市販の映画タイトルは、DVDとBlu-ray Discで製造されることが多く、Blu-ray Discのほうが高画質・高音質とされる。書き込み可能なBlu-ray Discは著作権保護機能を付加でき、コピー制限がある地上デジタル放送のハイビジョン番組が録画できる。また、容量が大きいことから、パソコンの大容量データをバックアップするメディアとして使用される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android