コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BoissonadeG.E. ボアソナード グスタフ エミーユ

1件 の用語解説(BoissonadeG.E.の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

BoissonadeG.E.

1825〜1910(文政8年〜明治43年)【法学者】日本の法体系を近代的に整備。 10年の歳月をかけたボアソナード民法は無念の廃案。フランスの法学者。パリ大学で法律学などを学び、グルノーブル大学・パリ大学の助教授を歴任。1873年(明治6)司法省法学校教師として来日、近代法学教育の先駆けとなった。フランス法に準じた治罪法・刑法案を起草したが、民法案には反対論が多く、民法典論争にまで発展、廃案となる。1887年には不平等条約改正案の危険性を指摘して反対、井上馨外務大臣辞任のきっかけともなった。22年間にわたる滞日後、1895年帰国。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BoissonadeG.E.の関連キーワード赤松祐以浦香雨東儀心非平野平角高橋由一阿部重道神永喜八ボワソナード松田聴松三輪田高房

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone