コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BoissonadeG.E. ボアソナード グスタフ エミーユ

1件 の用語解説(BoissonadeG.E.の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

BoissonadeG.E.

1825〜1910(文政8年〜明治43年)【法学者】日本の法体系を近代的に整備。 10年の歳月をかけたボアソナード民法は無念の廃案。フランスの法学者。パリ大学で法律学などを学び、グルノーブル大学・パリ大学の助教授を歴任。1873年(明治6)司法省法学校教師として来日、近代法学教育の先駆けとなった。フランス法に準じた治罪法・刑法案を起草したが、民法案には反対論が多く、民法典論争にまで発展、廃案となる。1887年には不平等条約改正案の危険性を指摘して反対、井上馨外務大臣辞任のきっかけともなった。22年間にわたる滞日後、1895年帰国。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

BoissonadeG.E.の関連キーワード新聞小説ボアソナードアレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone