コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Boron,R.de BoronRde

世界大百科事典内のBoron,R.deの言及

【聖杯伝説】より

…《ペルスバル》未完の後を受けてただちにいわゆる《第一続編》《第二続編》(いずれも作者不詳),マヌミエによる《第三続編》が書き継がれてようやく物語は完結,さらにジェルベール・ド・モントルイユによる《ペルスバル続編》(1250ころ)が第二と第三の間に挿入された。他方,ロベール・ド・ボロンRobert de Boronの《聖杯の由来の物語》(1200以前)に初めて,キリストが最後の晩餐に用いた食器に十字架上のキリストの傷からほとばしった血を受けたものが聖杯(サン・グラール)であり,それが福音の象徴として西方へもたらされた次第が語られている。13世紀にはさらに散文により,《散文ランスロ》五部作中の傑作《聖杯の探索》や,別系列の《ペルレスボー》のような異色の秀作が生まれ,驚異のオブジェ〈聖杯〉の探索は,アーサー王の円卓の騎士たちの最大の仕事となったのみならず,現代にいたるまで,至高なるものや絶対的価値を求める行為の象徴・暗喩となっている。…

※「Boron,R.de」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Boron,R.deの関連キーワードビーボロンロッド中性子捕獲療法BNCTCBN硼酸塩ビー硼素・ホウ素B研削加工

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android