コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bowen's disease Bowensdisease

世界大百科事典内のBowen's diseaseの言及

【皮膚癌】より

…淡紅色で鱗屑(りんせつ)(ふけのような皮膚のかす)をつけ,辺縁の皮膚は萎縮して毛細血管の拡張をみることが多い。ボーエン病Bowen’s diseaseは,四肢,体幹などの被覆部に単発あるいは多発する,自覚症状のない湿疹様の赤褐色斑で,固着性の痂皮(かさぶた),鱗屑をつける。一部では,腫瘍細胞が真皮内に浸潤して有棘細胞癌となる。…

※「Bowen's disease」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Bowen's diseaseの関連キーワード本源マグマ感染症慢性腎臓病クシシュトフ ザヌーシ大谷栄治岩石成因論的グリッド固溶体不連続反応系列連続反応系列脱炭作用

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android