Brassicaceae

世界大百科事典内のBrassicaceaeの言及

【アブラナ(油菜)】より

…栽培型の分布はアフリカ北東部のエチオピアとその周辺部にのみ限られており,古くからこの地域で知られている野菜および油料作物である。【阪本 寧男】
【アブラナ科Cruciferae(=Brassicaceae)】
 双子葉植物。ダイコン,キャベツ,ハクサイ,ワサビなど350属約3000種があり,主に北半球の温帯から暖帯に多く分布しているが,中でも西アジアから地中海沿岸地方にとくに種類が多い。…

※「Brassicaceae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android