コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bril,M. BrilM

世界大百科事典内のBril,M.の言及

【ブリル】より

…フランドルの風景画家。Brillともつづる。アントウェルペン(アントワープ)に生まれ,1575年ごろローマに赴き,以後同地で活動。教皇庁で制作に携わっていた画家の兄マテイスMatthijs B.(1550‐83)の没後,シクストゥス5世やクレメンス8世からバチカンの装飾,またサンタ・マリア・マッジョーレ教会やカジノ・ロスピリオージでの風景画(フレスコ)の依頼をうける。彼はアンニベーレ・カラッチ風のイタリアの理想的・英雄的風景画に,ネーデルラントの詩情あふれた光の情趣を加え人気を博した。…

※「Bril,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報