BtoB/BtoC(読み)ビートゥービー/ビートゥーシー

パソコンで困ったときに開く本の解説

BtoB/BtoC

インターネットを利用した電子商取引で売り手と買い手を表現するのに使われる言葉です。BtoBなら企業間取引、BtoCなら個人向け販売を意味します。Bはビジネス、Cはコンシューマ(消費者)の略称です。その発音からB2B、B2Cなどと表記されることもあります。
⇨EC、コンシューマ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android