コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Bunsen burner Bunsenburner

世界大百科事典内のBunsen burnerの言及

【ガスバーナー】より

…予混合型は,燃料と空気をあらかじめ混合させてから燃焼を行わせる型式のもので,すすの発生のない高効率の燃焼が実現される反面,火炎がバーナー内部に侵入する,いわゆる逆火の可能性がある。代表的なものとしては,化学実験などで用いるブンゼンバーナーBunsen burnerがある。これは,1855年ドイツのR.W.ブンゼンによって発明されたもので,図に示すように,燃料ガスが,小さなノズルから噴出し,周囲の空気を同伴して予混合気を形成し,バーナー管を上昇して先端で燃焼する型式のものである。…

※「Bunsen burner」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Bunsen burnerの関連キーワードグラフィトイド水苛性変成作用熱水変成作用熱変成作用気成作用正規輝石質マグマ正規粗面岩質マグママグマの混合気成熱水作用