Burst SRAM

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Burst SRAM

アドレスを1回指定して、複数回データをアクセスできるバースト転送を実装したSRAM。一般的には、バースト転送をサポートした高速な同期型SRAMを指すことが多い。Pentium以降のx86プロセッサーに対応したBurst SRAMは、50M~167MHz程度のクロック周波数に同期して、連続で4つのデータを1クロックごとに転送できる。PB SRAMに比べると、Burst SRAMは内部でパイプラインを組むことなく、メモリーセルと1クロックごとに転送できるスピードを備えているため、レイテンシは小さい傾向にある。半面、製造コストは高くなりがちのようだ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android