Burst SRAM

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Burst SRAM

アドレスを1回指定して、複数回データをアクセスできるバースト転送を実装したSRAM。一般的には、バースト転送をサポートした高速な同期型SRAMを指すことが多い。Pentium以降のx86プロセッサーに対応したBurst SRAMは、50M~167MHz程度のクロック周波数に同期して、連続で4つのデータを1クロックごとに転送できる。PB SRAMに比べると、Burst SRAMは内部でパイプラインを組むことなく、メモリーセルと1クロックごとに転送できるスピードを備えているため、レイテンシは小さい傾向にある。半面、製造コストは高くなりがちのようだ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android