コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C‐N率 シーエヌりつ carbon‐nitrogen ratio

1件 の用語解説(C‐N率の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シーエヌりつ【C‐N率 carbon‐nitrogen ratio】

植物あるいは土壌中の腐植などに含まれている炭素と窒素の比率。C/N率とも書き,炭素‐窒素比ともいう。次の二つの場合に使われる。(1)高等植物における花成(花芽が形成されること)現象を体内の炭素と窒素の割合によって説明しようとする場合。植物の花成が体内の栄養状態によって影響されるという考え方は,1900年代にはいり,フィッシャーH.Fischer(1916),クレプスG.Klebs(1918)などによって示され,その中でC‐N率の概念も提示された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

C‐N率の関連キーワードガランタミン肥料腐植フミンレンジナ砂土腐植土アルプス腐植土風成砂丘土壌しおれ(萎れ)係数

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone