コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cパリティ

素粒子事典の解説

Cパリティ

 荷電変換ともいう。粒子のCパリティは、粒子とその反粒子が同じ粒子であるときのみ定義できる。これが、Cパリティが定義されている粒子ばかりの系に崩壊するときは、崩壊後の粒子のCパリティの積として計算できる。そうでない場合は、粒子反粒子のペアを含む状態に崩壊するのであるが、このペアの間の軌道角運動量の偶奇性を求めれば、ペアのCパリティが決定できる。崩壊現象のかわりに生成現象(電子陽電子衝突や2光子衝突からの生成を見る)を用いても良い。

出典|素粒子事典素粒子事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone