コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cパリティ

1件 の用語解説(Cパリティの意味・用語解説を検索)

素粒子事典の解説

Cパリティ

 荷電変換ともいう。粒子のCパリティは、粒子とその反粒子が同じ粒子であるときのみ定義できる。これが、Cパリティが定義されている粒子ばかりの系に崩壊するときは、崩壊後の粒子のCパリティの積として計算できる。そうでない場合は、粒子反粒子のペアを含む状態に崩壊するのであるが、このペアの間の軌道角運動量の偶奇性を求めれば、ペアのCパリティが決定できる。崩壊現象のかわりに生成現象(電子陽電子衝突や2光子衝突からの生成を見る)を用いても良い。

出典|素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Cパリティの関連キーワードパリティ荷電粒子パリティー計算パリティー指数デバイ距離パリティ選択則ラザフォード散乱分光学荷電K中間子パリティ保存(P保存)、C保存、CP保存、T保存Gパリティの保存

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone