コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C型肝炎の主原因 しーがたかんえんのしゅげんいん/Cがたかんえんのしゅげんいん

1件 の用語解説(C型肝炎の主原因の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

C型肝炎の主原因

C型肝炎ウイルスに感染している国民は約200万人といわれる。その半数は滅菌不十分な注射器を介して汚染が広がった疑いが強いことが研究者の調査で明らかになってきた。感染者が集中する多発地は日本肝臓学会などで報告されただけで30カ所以上。静岡県清水市(現・静岡市)では1980、81年をピークに約4年間も急性肝炎が流行、その後の慢性肝炎を含め約720人が発病した。81年に使い捨て注射器を採用して下火になった。98年8月、大分地裁は注射器の連続使用でC型肝炎に感染したと訴えた患者20人の主張を認め、総額約2億6100万円の支払いを大分市の元開業医に命じた。

(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone