C植物(読み)シーサンショクブツ

百科事典マイペディアの解説

C3植物【シーさんしょくぶつ】

光合成における炭酸固定経路としてカルビン回路を用いる植物。初期産物の炭素数が3であるためこう呼ばれる。樹木と藻類のすべておよび大部分の草本(そうほん)はC3植物である。C4植物に比べて光合成能力は劣る。
→関連項目光合成

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

C3植物

光合成の際、カルビン回路によって炭酸固定する植物の総称。最初に炭素原子 3 個からなる 3-ホスホグリセリン酸が生成される。ほとんどの植物がこれに当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android