C植物(読み)シーサンショクブツ

百科事典マイペディアの解説

C3植物【シーさんしょくぶつ】

光合成における炭酸固定経路としてカルビン回路を用いる植物。初期産物の炭素数が3であるためこう呼ばれる。樹木と藻類のすべておよび大部分の草本(そうほん)はC3植物である。C4植物に比べて光合成能力は劣る。
→関連項目光合成

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

C3植物

光合成の際、カルビン回路によって炭酸固定する植物の総称。最初に炭素原子 3 個からなる 3-ホスホグリセリン酸が生成される。ほとんどの植物がこれに当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シーさん‐しょくぶつ【C3植物】

〘名〙 葉緑体が葉肉にのみ存在し、還元的ペントース燐酸回路によって炭酸ガスを固定する植物。回路の最初に生じるのが炭酸数三個の三ホスホグリセリン酸なのでいう。クロレラなどの藻類、イネ、コムギ、ダイズや樹木など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android