コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CASレイテンシ しーえーえすれいてんしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CASレイテンシ

CASとはColumn Address Strobeの略。DRAM上のアドレスはアドレスバスを通じて指定するが、CAS信号がアクティブになっている場合には列アドレスを、またRAS(Row Address Strob)信号がアクティブになっている場合は行アドレスを指定できる。このCAS信号が指定されたあと、実際にデータの読み書きがなされるまでの時間が、CASレイテンシだ。CL=2では2クロック、CL=3では3クロック分の時間がかかる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

CASレイテンシの関連キーワードフリーオFriioB-CASビーキャスISDBCASスポーツ仲裁裁判所地上放送RMP管理センター高速ページモードCAS

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android