コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CASレイテンシ しーえーえすれいてんしー

1件 の用語解説(CASレイテンシの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CASレイテンシ

CASとはColumn Address Strobeの略。DRAM上のアドレスアドレスバスを通じて指定するが、CAS信号がアクティブになっている場合には列アドレスを、またRAS(Row Address Strob)信号がアクティブになっている場合は行アドレスを指定できる。このCAS信号が指定されたあと、実際にデータ読み書きがなされるまでの時間が、CASレイテンシだ。CL=2では2クロック、CL=3では3クロック分の時間がかかる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CASレイテンシの関連キーワードCASCLB-CASカードことは然りとはチルトハンドルとは言えチルトステアリング何とは無しB-CASカード方式

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CASレイテンシの関連情報