コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CCテスト しーしーてすと

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

CCテスト

集合研修におけるグループ討議法の1つ。理解促進テストともよばれる。進め方としてはまず、講師側がテスト形式の問題を準備して受講者に提示する。受講者は最初に自分で解答を考えたのち、小グループに分かれてグループとしての共通解を討議する。このとき、多数決で答を決めることを禁止し、討議を通じてメンバー全員が納得できる解答を出すように求める。この討議の過程で、そのテスト問題に関連する用語や命題について深く考え、理解を深めていく効果をねらう。設問形式は、正誤式だけでなく、多肢選択式、小事例式など、多様な形式が可能である。 この技法は、研修における教授内容を講義によって受動的に聞くだけでなく、受講者自ら理解が不十分な部分に気づき、あらかじめ持っていた他の知識と連結させるという作業を促す。講義のあとに活用すれば講義を補完する機能があり、講義の前に行えば興味を喚起し講義の理解度を高める効果がある。 なお、講師から正解を提示したあとに討議効率を計算させると、グループ討議の効果を実感することができ、研修全体の活性化にもつながる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報