CD-Rライタソフトウェア

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CD-Rライタソフトウェア

データをCD-Rに書き込み可能な形式に変換し、実際にCD-Rドライブを駆動して、CD-Rメディアへの書き込みを行なうユーティリティソフトウェア。CD-Rライタソフトウェアは、CD-Rに書き込むファイルをISO 9660などの論理フォーマットに変換して書き込み用データを整形した後、CD-Rドライブに対して実際のデータ書き込み要求を送る。このときCD-Rライタソフトウェアが行なうデータ変換の処理は、プレマスターリング(pre-mastering)と呼ばれる。多くのCD-Rライタソフトウェアでは、あらかじめ記録するデータをCD-ROMイメージに変換してハードディスクに保存しておき、これを記録する方式と、ファイルの実体をソースデバイスに置いたまま、論理ファイル構造のみをディスク上に作成して、データを順次書き込んでいくオンザフライ書き込みを選択できるようになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android