コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)

1件 の用語解説(CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)

世界中の家電メーカーが、テレビやスマートフォンなどの最新技術を競う世界最大の家電ショー。米家電協会の主催で、1967年に初めて開かれた。今年は日本や韓国、中国、欧米などから3200社以上が参加し、業界関係者に限らず15万人以上が訪れる見通しだ。「次世代の家電」の行方を占う場になっている。

(2014-01-08 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の関連キーワードスマートカードスマートテレビジョイント家電製品協会ミドルマーカーハイアールグループスマートTVそれ行けスマートマーカーブイCES(セス)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の関連情報