コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CGS 単位系

大辞林 第三版の解説

CGS 単位系

〖centimeter-gram-second system〗
長さの単位にセンチメートル、質量の単位にグラム、時間の単位に秒をとり、それらを基本単位として構成した単位系。1881 年にケルビンが提唱。 → MKS 単位系

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

CGS 単位系の関連キーワードヘヴィサイド‐ローレンツの単位系ギルバート(起磁力の単位)ガル(加速度の単位)センチメートル毎秒アンペア毎メートル電磁気の単位系MKS 単位系センチメートルグラム(単位)マクスウェルMKS単位系CGS単位系エルステッドガウス単位系静電単位系絶対単位系電磁単位系ギルバート重力単位系磁束密度

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android