コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIA工作員身元漏洩事件

1件 の用語解説(CIA工作員身元漏洩事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

CIA工作員身元漏洩事件

イラク戦争後の03年7月、ウィルソン元駐ガボン米大使が、ブッシュ政権はイラク大量破壊兵器疑惑をでっち上げたと公に批判した。政権側は、大使に反論するメディア工作で、大使の妻バレリー・プレイムさんが実はCIA工作員だ、という情報を複数の記者に流した。CIA工作員の身元を明かすことは国家機密の漏洩に当たるため、特別検察官が捜査を開始。結局、機密解除権限を持つ高官からの許可があったとして、情報漏洩自体は立件されなかったが、リビー被告が捜査を欺こうとしたとして、05年に起訴されていた。

(2007-03-07 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CIA工作員身元漏洩事件の関連キーワードウィルソン山天文台ウィルソンの霧箱ウィルソンの定理ウィルソン病イランイラク戦争トーマスWウィルソンウィルソン岩イラクのクルド人イラク戦費英国のイラク戦争調査

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone