コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIDR さいだー、しーあいでぃーあーる

1件 の用語解説(CIDRの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CIDR

Classless Inter-Domain Routing(クラスの概念をなくしたドメインルーティング)の略。クラスの概念を利用せずに、IPアドレスに含まれるネットワークアドレスを可変長に設定できる仕組み。以前、IPアドレスは「クラスA」「クラスB」「クラスC」という単位に基づいて割り当てが行なわれていたが、IPアドレスの枯渇に対応するために、クラスの概念をなくしてIPアドレスを割り当てるCIDRの技術が取り入れられた。CIDRでは「192.168.100.200/24」のように、IPアドレスの後ろにネットワークアドレス部のビット数(プレフィックス)を付けて表わす「CIDR表記」が利用される。CIDR表記は、主にルーティングテーブルで使われる。また、CIDRによってネットワークを複数に分けることを「サブネッティング」と呼ぶ。一方、連続したネットワークアドレスを1つにまとめる「スーパーネッティング」を行なうことで経路情報を集約することも可能だ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CIDRの関連キーワードIMCOIADBIPUOBサミットインターバンク市場(Inter-Bank Market)タイボー(TIBOR:Tokyo Inter Bank Offered Rate)ライボー(LIBOR:London Inter Bank Offered Rate)IATTCVisiting Hours

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CIDRの関連情報