コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIS軍創設 シーアイエスぐんそうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CIS軍創設
シーアイエスぐんそうせつ

旧ソ連軍に代わる CIS (独立国家共同体) 軍創設構想。 1991年 12月 30日,ソ連崩壊後の安全保障問題をめぐって,ベラルーシミンスクに各共和国首脳が一堂に会した。事実上ソ連邦を継承者するロシア連邦と,軍隊を維持する経済能力を欠く中央アジア諸国などは CISによる統一軍の保持を主張した。それに対しウクライナモルドバアゼルバイジャンはそれぞれの国家が独自軍を形成して維持すべきだとした。アルマアタ首脳会議の合意に基づき,新軍事協定に調印したが,当面は CIS統一軍と各共和国独自軍の2本立てにすることになった。 93年 10月に,ジョージアグルジア)が CISに新加盟,同時に統一軍にも加盟した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

CIS軍創設の関連キーワード独立国家共同体CIS共役脂肪酸CIS集団安全保障条約ロシア・中央アジア圏の新潮流CIS平和維持軍CIS経済同盟トルクメニスタントルクメニスタン独立国家共同体

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android